消費者金融でキャッシングをする時は申し込んだ日にお金を借りる事が出来るというのがプラスポイントですが、金利が高く設定されていて返済総額が多くなってしまうというのがマイナスポイントになってしまいます。そのため消費者金融でキャッシングをする時は返済計画を事前に立てておいて完済するまでの予定を明確にしておく事が大切になってきます。

消費者金融は自動契約機やホームページから申し込む事が出来ますが、最近ではテレビCMでも自動契約機やホームページからの申し込みについて紹介されています。特にホームページからの申し込みについての方が多く紹介されていてスマートフォンがあればすべての手続きが出来てしまうなど利用しやすい金融業者というのをアピールしている感じです。

消費者金融は借金というイメージがあって世間的には評判が良くないのでこのテレビCMをきっかけで利用者が増えてきたらテレビCMも顧客集めにしっかり貢献していると言えるでしょう。

 

出資法金利での借金は、過払い金請求できる可能性があります

貸金業者の金利に関わる法律には、「出資法」と「利息制限法」があります。それぞれの法律で利息上限が異なっています。「利息制限法」は貸付金の上限金利は最大20%まででしたが、「出資法」では上限金利は29.2%まで認められていました。二つの法律の間で、年利が高い方を適用して貸し付ける業者が多かったのです。平成18年最高裁判所判決により、「利息制限法」以上の年利で貸し付けている業者には、差額を過払い金として、返金手続きをして取り戻すことができるようになりました。

過払い金の可能性のある方は、過払い金請求は無理だとあきらめてはいけません。まずは、ご自分の状況を認識しましょう。過払い金請求では、法的に詳しくない方が必死に頑張って請求しても、上手くいかない事が多いです。弁護士等法律のプロを主任弁護人としてたてて、請求する手もあります。

完済前の方には、特別調停という制度もあります。利息制限法の上限金利まで下げた金利で再計算してくれるので、調停後借金を減額することが可能です。ただし、法律のプロに相談する場合には、弁護士費用等がかかりますので、戻ってくる予定額との比較をして、考えた方がいいです。